レディー

ハードディスクを修理して大切な情報を守れ!

バックアップは大切

HDD

社内で直せば安上がり

IT機器の記憶媒体であるハードディスクは、近年大容量化が進んでおり、沢山のデータを保存できるようになっています。その反面、故障した時は一度に大量のデータを失う危険もありますので、こまめなバックアップが必要になっています。そしてバックアップさえ取ってあれば、ハードディスクが物理的に壊れた場合でも、新品に交換するだけで修理が完了します。交換作業も非常に簡単ですから、オフィス内で自前で直せば、修理費用も安上がりです。元々ハードディスクはアッセンブリーごと交換するように設計されているため、パソコンのケースを開けて、ハードディスクに接続されているコネクターを抜けば、後はパソコンから取り出すだけです。パソコンによりましては、ドライバーレスで分解と組み立てができるタイプもありますので、その場合なら交換作業も更に手軽です。

壊れた時の依頼先

万一、保存データのバックアップを取っていない状態でパソコンやハードディスクが壊れましたら、データ復旧の業者に電話しましょう。壊れた機械の修理は製造メーカーに頼むことがセオリーですが、保存データの回収が必要な時は、メーカー修理は避けた方が無難です。メーカー修理では故障しているハードディスクを新品に交換しますので、修理が完了してオフィスへ戻って来ましても、肝心の保存データは戻って来ません。大切な顧客データなどが保存されていた場合には、企業にとりまして大きな痛手となります。このためバックアップが済んでいない状況なら、データ復旧の業者を頼ることがポイントです。ただしデータ復旧の業者は、保存データの回収がメインですから、壊れたハードディスクを物理的に修理することは基本的にありませんので、その点も留意しておきましょう。

共有する事のメリット

ファイル

ファイル共有の方法も企業内部での権限を管理した共有から、クラウドを使用したオンラインストレージまで利用されるようになりました。まさに時代の進歩と共に、ファイルの共有の手段もここ数年変わりつつある時代です。

もっと読む

パソコンのデータ管理

2人の女性

パソコンを使用する時、大切にしたいのがデータ管理です。パソコンはいつ故障するか分かりませんので、日頃からデータ管理を行う必要があります。また一人で対処できない方は、データ復元専門の業者に相談してみてください。

もっと読む

技術が高い業者に依頼

女の人

データ復旧の業者はいろいろあり、より高度な技術を持った業者にはクリーンルームが備えられています。料金はかかりますが、細かい作業などで救出してくれることもあります。業者によっては、事前に復旧リストを出してくれます。

もっと読む